子どもの成長とおまじない

3月 2nd, 2012

早いもので娘が11カ月となり、もうすぐ1歳を迎えようとしています。
お腹の中にいた10か月間よりもはるかに早い時間がすぎ、
今では新生児でまだ寝返りもできなかったあの頃がとても懐かしく愛しく思っています。

人間というものは非常に賢いもので、赤ちゃんは教えなくてもちゃんと自分で学んでできるようになりますね。
今思い返せば、親ばかではありますが、とても手のかからないいい子で、新米ママの私には育てやすい子でした。
初めて首を持ち上げたとき、寝返りをうったときなど、今でも鮮明に覚えています。

そんなわが子がいつもソファーに自分で上がるのですが、今日一人で降りられるか見守ってみました。
すると彼女は最初は遊びに夢中になっていたのですが、
名前をよび「おいで!」と手をだすとこちらへ来ようとするしぐさを取るのですが、
しかしそこはソファーの上、どうやってママのところへいこうかと考えている様子でした。

そのままママのところへ向かうにはソファーから落ちると感じたのか、
彼女はお尻を下にちゃんと上手にソファーを降りて私のもとに向かってきました。
教えなくてもちゃんとできるんだととても感心し、そして、その成長をとても嬉しく思いました。

ずるがしこいのか、いたずらをしている時は必ず静かにしていたずらをしています。
これから言葉を理解し、話すようになるのがとても楽しみであります。
いつかお嫁に行く日や彼女が同じように母になるときに、色々とお話したいものです。
小さくて一番かわいいこの瞬間はあっという間に過ぎてしまいます。
子どもとの時間を大切にしっかり向き合わなければといつも思っているのですが、
なかなか日常のストレスとなれない育児に葛藤しています。

そこである方に教えてもらいました。
「イライラして子どもにやつあたりしそうになったら、
思いを込めて抱きしめてあげなさい」と。

これは素晴らしい言葉だと思います。一度気持ちを落ち着かせて、子どもを抱きしめる。
これは我に返り、子どもに優しくなれるおまじないです。

これって結婚生活にも言えることですよね。
最近友人が婚活を始めて、東京のお見合いパーティーに行ってきたそうです。
このおまじない、教えてあげなくちゃ♪

Comments are closed.