ダイエット

3月 18th, 2012

憧れである「美と健康」のために、女性と言うのは365日、毎日意識してダイエット生活をしているように思えます。
例えば、今日はちょっと食べ過ぎたから夕食はカロリー控えめの軽めの食事にして朝まで我慢しようとか、夜中に食べ過ぎてしまったから朝は抜こうとか、食事の前には必ずサラダを食べるとか、意識してなくても気をつけるのが当たり前になっていると思うのです。

私の場合も、いくつか日常のルールがあって、特に気をつけている訳ではなく私の中での「常識」になっている生活習慣があります。
まず、「パン(炭水化物)を食べる前には豆乳を一杯飲む」とか、「キッチンに立って料理をする時は常に爪先立ちで立つ」とか、「甘いものやカロリーの高いものは、体への吸収率が低い昼の12時~3時の間に食べる」とか…「自分ルール」があります。

細かく言えばもっともっと沢山の配慮があって、それを「日常の生活習慣」として当たり前に行うことで365日ダイエットをしているのと同じ事にあたり、美しいプロポーションを保てるのです。

しかし、年齢は誤魔化せず、歳をとる度に様々な変化が出てきます。
例えば下腹が出てきたり、胸が下がってきたり、肌にハリがなくなったり、ほうれい線が目立ってきたり…それはそれで向き合って新しい作戦をたて、無理なく日常生活に盛り込める方法での攻略法を考えて、ダイエット生活習慣ルールにプラスしていくのです。

始めは意識しないと出来なかった事も、意識して続ける事で違和感なく出来るようになり、それが自分の生活習慣となっていく。

そうしてダイエットに励んでいるときつくありません。むしろ、当たり前のことを当たり前にやるだけなので、意識せずにダイエット効果が得られるようになります。

365日、美と健康のために、これからも励んでいきます。

Comments are closed.