な~んもしたくない?

7月 20th, 2012

夏になると、びよーんと伸びている人間は多数存在します。
夏でも元気な私は、「しっかりせい!」と思ってしまいますが(笑)。
暑さにやられて、食欲も落ちて、室内と外気温の差に体調を崩している人がほとんどです。

動物も例外ではありません。
彼らはエアコンの中で生活はしないし、家猫や家犬でもエアコンの風は嫌います。
我が家は外出する時にエアコンを入れておきますが、絶対に涼しい部屋にはいません。
程良く涼しい風がやってくる場所にいます。

家にいる時は窓を全開にし、扇風機と風だけで凌いでいます。
この方が猫も楽みたいです。
こんなにびよーんと伸びていますが(^_^ゞ

しかし、猫に限らず、動物って暑そうですよね?
多くの動物が毛皮を着ているのですから、暑くないはずはないと思いますが…。
毛が抜け変わる時期がありますが、それでも全部の毛がなくなってしまうわけではありませんからね。
鬱陶しいと思うことはないのかしらと思ってしまいます。

人間は暑さを凌ぐために色々な涼の取り方をしますが、動物はそんなことしませんものね。
そういえば、先日FJクルーザーを購入しました。
窓を開けて走ると解放感があり、とても気持ち良いです。

話は戻して、この酷暑、動物園の動物たちはどうしているんでしょうか?

「な~んもしたくない」

そう思っている動物も多数存在するでしょう。
そこまでの気持ちがあるかどうかは不明ですが、伸びきっている顔はテレビ等でよく拝見しています。

そう考えると、人間に生まれて来て良かったのかしらと思います。
涼しい場所を求め、体を冷やす食べ物を食べ、冷たい飲み物を飲むという行動は、人間特有のものですしね。

ただ、体の冷やし過ぎには要注意ですね。
体力低下に繋がりますから。
さて、そろそろ猫の夕飯の時間です。
顔を見れば「ごはん~!」と鳴かれるので、今日は鳴かれる前にあげることにしましょう。

三月に打ち上げられた花火のこと

3月 25th, 2012

3月10日の夜7時頃、友達のつぶやきで、花火が打ち上げられていることを知りました。

場所は宮城県仙台市。
友達が昨年の春からたびたび日記でも触れ、仕事が休みの時に加わったボランティア団体さんがありました。
その団体さんが活動一年を迎え、一度その活動を打ち切るとのこと。
最後に天国へ向けた花火を二万発上げる、という流れは以前友達の日記で知っていました。
その花火の資金調達のためにフリマがあり、僅かながら自宅にあった出せそうなものを友達にお願いし、協力させてもらったのが先月のことです。
 
ああ、今日だったのか、とパソコン画面からリアルタイムで打ち上げられた花火を見ました。
仙台市には私のいとこも家族で住んでいます。
いとこの目にも、この花火は映っているのかな、とふと思いました。

さきほど、このボランティア団体さん、スコップ団さんのブログを少し拝見しました。
花火を打ち上げる発端となった話も書いてあります。
年配の女性が震災の後、望んだのは懐中電灯や食料ではなく、
朝珍しく喧嘩をしてしまったご主人への愛しているという気持ちを伝えたいということ、とありました。

今回の花火は亡くなった方々への忘れないよ、こっちは元気でやっているよ、というメッセージ、「花火の連絡」だったそうです。
ああ、こんなふうに、もう叶わないと思うことを叶える人達がいたんだな、と感じました。

他にもスコップ団の方のブログや紹介を拝見しました。
家屋の泥をかき出す際の指示が「自分の家だと思ってやれ」という言葉だったという事が強く印象に残りましたね。
こうした考えた方のできる人を心から尊敬するとともに、
このスコップ団の団長である平さんのご両親や周囲の大人のあり方も素晴らしいのだろうな、と感じました。

そして、この団体を知り、参加し、呼び掛けてくれた友達に対しても、私は尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。
 
歴史を進んでいくほどに、便利になるはずが、新しい世代へと課せられるものは増えていきます。
学力、体力、柔軟性、生きる力。そして、権力でも何でもなく、自らの行動と優しさによって、人を動かし、救える力。
誰もが持てる力ではありませんが、そうした方がいること、感謝すること、賛同すること。
自分ができることをしていくこと、それらを知ることが、大きな原動力になるのだと感じました。

私も今度、まとまった休みが取れるようになったら、仙台のいとこのところへ行こうと思います。
パジェロに乗って、それに詰めれるだけ色んなものを詰めて。
そんなに長い時間は出来ないけど、出来る限りの時間を使って少しでも役に立つことがあるのなら、それをさせてもらうことが出来たらと。
きっと、テレビや動画でしか見たことがないあの光景を生で目の当たりにするのには、とても強い心が必要だと思いますが、
それでも行ってみたいと思っています。

ダイエット

3月 18th, 2012

憧れである「美と健康」のために、女性と言うのは365日、毎日意識してダイエット生活をしているように思えます。
例えば、今日はちょっと食べ過ぎたから夕食はカロリー控えめの軽めの食事にして朝まで我慢しようとか、夜中に食べ過ぎてしまったから朝は抜こうとか、食事の前には必ずサラダを食べるとか、意識してなくても気をつけるのが当たり前になっていると思うのです。

私の場合も、いくつか日常のルールがあって、特に気をつけている訳ではなく私の中での「常識」になっている生活習慣があります。
まず、「パン(炭水化物)を食べる前には豆乳を一杯飲む」とか、「キッチンに立って料理をする時は常に爪先立ちで立つ」とか、「甘いものやカロリーの高いものは、体への吸収率が低い昼の12時~3時の間に食べる」とか…「自分ルール」があります。

細かく言えばもっともっと沢山の配慮があって、それを「日常の生活習慣」として当たり前に行うことで365日ダイエットをしているのと同じ事にあたり、美しいプロポーションを保てるのです。

しかし、年齢は誤魔化せず、歳をとる度に様々な変化が出てきます。
例えば下腹が出てきたり、胸が下がってきたり、肌にハリがなくなったり、ほうれい線が目立ってきたり…それはそれで向き合って新しい作戦をたて、無理なく日常生活に盛り込める方法での攻略法を考えて、ダイエット生活習慣ルールにプラスしていくのです。

始めは意識しないと出来なかった事も、意識して続ける事で違和感なく出来るようになり、それが自分の生活習慣となっていく。

そうしてダイエットに励んでいるときつくありません。むしろ、当たり前のことを当たり前にやるだけなので、意識せずにダイエット効果が得られるようになります。

365日、美と健康のために、これからも励んでいきます。

スランプ

3月 17th, 2012

最近スランプに陥っています。
なんだかやる気が出ない。何やっても上手くいかない。なんだか不安…

ミュージシャンとして活動している私は、作曲や作詞も行います。
昔はポンポンと言葉やメロディーが出てきて、何の悩みもなくスラスラ曲が作れていました。出かける先や、見るもの全てにひらめきがあって、それが形になる作曲が楽しくて、楽しんでやれていました。

しかし今、何も出てこないんです。

考えようとすればお固くなるし、ひらめきじゃなく無理やり作るのは違う気がして。また、焦る気持ちと同時に、それでもやらなきゃって奮い立たせようとする自分がいて、やろうとするんだけど、考えがまとまらなくなるんです。

出来ないときはやらない方がいいって事ですかね?
こんな事初めてなので、自信がなくなってしまいそうです。

確かに、音楽以外に考えることや悩みが沢山ある今、頭の整理が付いていません。
多分頭の中が一杯一杯で、ひらめく余裕も、考える余地もないんだと思います。
色んな事に追われている事から、何から手をつければいいか分からずに掃除や洗い物も疎かになってしまっています。
そして朝に弱い私は早起きが出来ず「びったれ」になってしまっています。

この状況を、なんとかして抜け出したいのです。
それには自分自身の「やる気」と「余裕」しかないのですが…

とにかく今は、自分に出来る事、やるべき事を目の前の事から一つ一つ片付けていき、地道にやっていくしかないかなと思っています。

そしていつか、その一つ一つが片付いて、精神的にも肉体的にも少し余裕が出来てきて、考え方も柔軟になってきて、元のひらめきが戻ってくると信じたいですね。
スランプって辛いですね。
しかし「自分次第」

自分を見失わず、コツコツと頑張って行きたいです。

NOと言えない

3月 16th, 2012

「断る」という事が出来ない私。
何かとNOって言えなくて、安易に引き受けてしまったり、大事な事を背負ってしまったり、当てにされたり…失敗も多いのですが、相手の気持ちになった時に「NO!」って直球で断られたら、私なら悲しいですもん。出来れば相手を傷つけたくないと言う気持ちから、NOって言えない私が出来上がってしまっている気がします。

それは時に「親切」として感謝されますが、時に大きな失敗もします。
私の大事な青春、NOと言えなかったばっかりに悲しい思いをした事がありました。

厳しい部活動のルールで「男女交際禁止」を言い渡されていた中学校時代、高校にあがったら恋をしようと張り切っていました。高校二年生の春、部活動の大会で他校の男の子と出会いました。友人を介してグループ交際がはじまり、友達として一緒に遊ぶようになりました。そんな時、彼が「今度は二人で食事にいこう」と誘ってくれて、二人で食事に行きました。そこで告白されて…まだ、彼の事好きかどうかも判断できてない状態だったので、「ちょっとまだ自分の気持ちがわからなくて、友達として付き合っていきたい」と言ったのですが、すごく責められて…「どうしてダメなのか」とか「今、どれくらい好きって思えるか」とか、答えに困る質問ばかり投げかけられて、押しが強い。

レストランを出てからもずっと押されっぱなしで粘ってくる。NOと言えない私は彼の押しに負けてしまって、付き合う事になりました。
だけど…何度会っても、何度会話しても、初恋の時のような心の底からドキドキしたり「好き」って思える気持ちになれなくて…
でも自分からは別れを切り出せずに居ました。

そんな時に発覚した事。
彼はイケメンでモテモテだったのは知っていましたが、私の知らない彼の学校内では「超遊び人」の異名を持つ人で、私の他に彼女が5人いたと言う。

そんな事なら初めから付き合わなければよかった。
NOと言えなかったばっかりに、結局は自分が傷つく事になってしまう。
それで少し学習しましたね。

相手を傷つけるとしても、Noと言わなきゃいけない時はある。
勇気を出して自分の人生は自分で守っていかなきゃいけない。

いい物はいい、悪いものは悪いと、はっきりと物が言えるような人になりたいです。

子どもの成長とおまじない

3月 2nd, 2012

早いもので娘が11カ月となり、もうすぐ1歳を迎えようとしています。
お腹の中にいた10か月間よりもはるかに早い時間がすぎ、
今では新生児でまだ寝返りもできなかったあの頃がとても懐かしく愛しく思っています。

人間というものは非常に賢いもので、赤ちゃんは教えなくてもちゃんと自分で学んでできるようになりますね。
今思い返せば、親ばかではありますが、とても手のかからないいい子で、新米ママの私には育てやすい子でした。
初めて首を持ち上げたとき、寝返りをうったときなど、今でも鮮明に覚えています。

そんなわが子がいつもソファーに自分で上がるのですが、今日一人で降りられるか見守ってみました。
すると彼女は最初は遊びに夢中になっていたのですが、
名前をよび「おいで!」と手をだすとこちらへ来ようとするしぐさを取るのですが、
しかしそこはソファーの上、どうやってママのところへいこうかと考えている様子でした。

そのままママのところへ向かうにはソファーから落ちると感じたのか、
彼女はお尻を下にちゃんと上手にソファーを降りて私のもとに向かってきました。
教えなくてもちゃんとできるんだととても感心し、そして、その成長をとても嬉しく思いました。

ずるがしこいのか、いたずらをしている時は必ず静かにしていたずらをしています。
これから言葉を理解し、話すようになるのがとても楽しみであります。
いつかお嫁に行く日や彼女が同じように母になるときに、色々とお話したいものです。
小さくて一番かわいいこの瞬間はあっという間に過ぎてしまいます。
子どもとの時間を大切にしっかり向き合わなければといつも思っているのですが、
なかなか日常のストレスとなれない育児に葛藤しています。

そこである方に教えてもらいました。
「イライラして子どもにやつあたりしそうになったら、
思いを込めて抱きしめてあげなさい」と。

これは素晴らしい言葉だと思います。一度気持ちを落ち着かせて、子どもを抱きしめる。
これは我に返り、子どもに優しくなれるおまじないです。

これって結婚生活にも言えることですよね。
最近友人が婚活を始めて、東京のお見合いパーティーに行ってきたそうです。
このおまじない、教えてあげなくちゃ♪

チョコレート

2月 29th, 2012

チョコレートって癒し系ですよね。
疲れた時にチョコレートを食べると本当に幸せな気持ちになります。
女性は甘いものが大好きですが、私は甘いものの中ではチョコレートが一番好きです。
特にパリパリと頭に響く音と食感が最高!!
友達と一緒にチョコレートパーティーなんかも開いたりします☆

10代の頃は、ミルクチョコレートや、チョコフレークなど、
とにかく甘いチョコレートが大好きでしたが、
20代後半になると甘さ控えめのビターチョコレートの美味しさに気が付き、
現在はミルクチョコよりも、ビターチョコ派☆

最近のマイブームは、コーヒービーンズチョコレートです!
本物の深入りコーヒー豆をチョコレートでコーティングした、
ちょっとほろ苦いチョコレートです。
カリって言う響きと、コーヒーの苦味とチョコの甘みの三位一体がたまらない、
大人のチョコレートです。
コーヒータイムにコーヒーと一緒に食べても美味しいし、そのままでも、もちろん美味しい!!
昔は苦くて食べきらなかったコーヒービーンズ。
これが大好きになったって事は、私も少しだけ大人になったって事かな!?!?

特に冬になるとチョコレートの季節がやって来たって感じで、
コンビ二にも新作チョコレートのコーナーが出来たり、
新作のチョコレートを毎年食べ比べるのもとっても楽しみ☆
高級チョコレートショップの宝石のようなチョコレートも好きですが、
コンビニやスーパーで売られている市販のチョコレートも負けてないと思います。
トリュフや生チョコまで、お手ごろな価格であるから、毎日のTea Timeに嬉しい☆

最近のチョコは本当にどれもすごいです!!

でも…
やっぱり最終的には昔から愛されているスタンダードな板チョコに帰ります。
明治の板チョコです。
何ででしょうね。

子どもの頃から食べて育っているからでしょうか。
見た目も、味も、恋しくなります。チョコレートの原点回帰。

紅茶でも入れますか☆